1. 本を書く => 2. 本を発売 => 3. 払い出しを請求 => 4. お金を貰う
登録料金
=>
¥0
設定料金
月額使用料
だが、印税は90% たっぷり貰える
記事を書いて稼ぐ流れ
記事を書きましょう。

お仕事や日常生活や家事や勉強やゲームなどをやっていると、いろんなアイデアが時々生まれてきます。本人が質素だと思われるアイデアでも、他人にとってとても欲しがる情報であるかもしれません。とにかく書きましょう。書いているうちに書き方がうまくなり、新しいアイデアもどんどん出てくるでしょう。沢山のことは話題にできます。例えば、独自に考えたレシピ、小物の補修法、節約術、歌、詩、散文、トラブルの解決法、などなど。他人が似ている場面にあうと、あなたのアイデアがすごく助かるかも知れませんよ。

 
優良記事で閲覧料を取りましょう

良い記事ができましたら、閲覧料を取りましょう。売り方は簡単です。ゆうえネット(Uniwits NET、当サイト)にあるあなたのページに記事を載せ、金額を設定すれば良いです。ここで、一つの注意ポイントがあります。有料になれば、閲覧者には買ってくれるまで記事の内容は見えません。あなたの記事のよさを伝えるために、誰でも閲覧できる摘要を同時に書きましょう。そうすれば、あなたの記事全文を読みたい方は閲覧権を購入していただきます。また、すべての記事を有料にしますと、あなたの記事の良さが分からなくなるかもしれません。このため、無料記事で話題の大概を書いて詳しく書かれた有料記事に案内するほうをお勧めします。記事の購入は「ユニラ」という購買ポイントで決算されます。ユニラはあなたのアカウントに貯まり、後で換金できます。

記事自体に閲覧料を取る以外に、コメントも売れます。コメント一通あたりに一定の料金を取ることができます。そうすれば、あなたの記事を読み、興味が湧き、議論してみたい方が現れたら、あなたに料金を払ってからコメントするようになります。

 
払い出しを請求

アカウントにユニラが貯まりましたら、払い出してもらいましょう。払い出しを通して、ユニラが現地通貨に換わり(例えば、円)、銀行の口座に入金できるようになります。払い出しはあなたのホームページから「各種設定」をクリックしてから「ユーザ情報」をクリックして続いて「払い出し請求」をクリックすればできます。

 
お金を受け取る。

払い出しが完了すれば、お金がすでにあなたの手に渡ったことになります。もちろん、ご自由に処分できます。

 
始めましょう。

まずは、ユーザ登録されていない方は登録しましょう。登録済みの方はログインしましょう。いずれもページ上部の「ログイン」をクリックしてできます。すでにログインしている場合は「ログイン」の位置にあなたのニックネームが表示されます。これをクリックすればあなたのホームページに飛びます。

あなたのホームページに、「新記事を作成」のボタンがあります。あれをクリックすれば記事を書けます。

 
記事を見てもらいましょう。

記事を投稿していただければ、自然にネットからアクセスできるようになります。数日経てば、グーグルやヤフーなどの検索サイトで検索すれば、あなたの記事が出てくるでしょう。だから、特に何をしなくても閲覧されることがあります。

でも、ただ待っているより、もうちょっと積極的に動いたほうが良いかもしれませんね。具体的にいくつかの例を考えられます。例えばブログをお待ちの場合は、ブログに記事の摘要を載せます。そうして、あなたのブログの常連の閲覧者が記事を読んで興味が湧いたら、記事の本文を購入したくなります。また、問答サイトはありますよね。他人の問題に自分の記事が答えになると思えば、記事の摘要を返答として投稿しましょう。完全なる答えを求める方はあなたの記事を買ってくれるでしょう。

 
稼ぎますが、費用は?

ご安心ください。登録や設定や投稿などはすべて無料です。閲覧者が著者に料金を支払うときや払い出すときに限って、当社が一定の割合で少々手数料を取ります。つまり、あなたのアカウントにお金が流れないと、当社が費用を一切取りません。詳細の割合等は記事の編集ページにてご確認ください。

 
もっと知りたい?

ページの上部に、「サポート」のリンクがあります。ご不明等の点がありましたら、お気軽にこれをクリックしてお問い合わせください。その際は「チケット」(問い合わせ票)をご記入の上、送信してください。

 
実例紹介

すでに出来ている実例を一つご紹介いたします。この実例は太極拳のテキストをネット上で販売する実例です。従来のテキストは本を丸一冊ごとに売られますが、この実例には太極拳の各動作を記事ごとに分けて販売します。これを通して、従来の数十万円に及ぶ出版費用をゼロにし、コストを心配せずにテキストを発売できるようになりました。次のリンクをクリックしていただければ、実例をご覧いただけます。 太極拳テキスト実例