1. 本を書く => 2. 本を発売 => 3. 払い出しを請求 => 4. お金を貰う
登録料金
=>
¥0
設定料金
月額使用料
だが、印税は90% たっぷり貰える

ゆうえネットは作者の方々に著作を便利に出版する革新的プラットホームを提供する同時に、読者の方々に著作購入及び作者と交流するプラットホームを提供しております。

面白いアイデアを持ち、知識と経験を一冊の本に纏め始めるとき、本の出版を考えていらっしゃいませんか。ゆうえネットで、あなたはさまざまの方式でご本をローコストで便利に出版できます。次の図はゆうえネットで作者の方が著作の販売代金を受け取るまでの流れを説明しております。

基本的に、あなたは著者としてゆうえネットで著作を発表します。ゆうえネットはあなたの著作をネットのユーザの目の前に羅列します。ユーザはゆうえネットであなたの著作を購入します。販売代金はあなたのアカウントにためられ、ご請求に応じてご指定の銀行口座に入金されます。

出版の方法

ご本の出版は、ブログなどを書く時にとても似ています。人々は普通なパソコンやスマホでご本をご覧いただけます。特殊のソフトや電子機器を購入する必要はありません。

もし、千字や二千字のような短編を発売したいなら、記事を書いていただき、価格を設定すればいいです。こうすれば、読者が本の内容を読みたい場合は、ご記事を買っていただいてからお読みになります。

英語文法書などの、数章を纏めて本で出版したい場合は、ゆうえネットで直接に本をお書きいただき、価格設定はできます。これで、読者が本の内容を読みたい場合は、ご本を買っていただいてからお読みになります。ゆうえネットで一冊の本は一列の章でできます。章は基本的に普通な記事のようなものです。本の目次は自動生成されます。特定の章を無料に設定していただけます。潜在読者は無料の章を通して、ご本をプレビューでき、購入を決めることができます。とても面白いのは、ご本を最終に纏めた以前でも発売はできます。読者の意見を聞きながら、本を改善していただけます。

すでに一冊のご本が出来て、PDF等のファイルがある場合は、ご本を有料記事の添付ファイルとして発売できます。方法も簡単です。一通の記事を新規作成して、中でご本のことを紹介してください。本のファイルを添付ファイルとしてアップロードしてください。最後に記事に料金を設定してください。

印税と出版の費用

印税とは、あなたの著作が買われた場合に、あなたが貰う相応の金銭的報酬のことです。

ゆうえネットで、出版に費用は発生しません。 (但し、ネットの接続代金等はお客様のご負担になります。)しかし、印税をたっぷり受け取っていただけます。印税は著作価格の 90% です。とてもお得です。従来の出版社と比べて2倍から9倍も高いです。

あなたの著作が買われる度だけ、小さな費用、通常は著作価格の10%の手数料が徴収されます。これだけです。他の出版サービスより大幅に格安です。

(著作にオプションを付ける場合は、別途費用が発生する場合があります。)

集金方法

ゆうえネット上のすべての売買は「ユニラ」というポイントで決済されます。あなたの著作がユーザに購入されたら、相応の収入は一定額のユニラとしてあなたのアカウントに貯め込まれます。この時点以降、あなたは必要の時間でゆうえネットの関連決済システムを通して払い出しを請求していただけます。後ほど、ご請求の金額はあなたの銀行口座に入金されます。